山口県の交通事故のご相談は弁護士法人牛見総合法律事務所

保険会社の対応に不信感がある方へ


HOME >  保険会社の対応に不信感がある方へ

◎保険会社の対応に不信感がある方へ

  • ○ 交通事故後、保険会社からまったく連絡がない
  • ○ 保険会社が言っている過失割合や慰謝料に納得できない
  • ○ 治療をやめるように言われて、不信感を持っている
  • ○ 連絡しても、なかなかつながらない
  • ○ 保険会社に誠実さを感じられない
  • ○ きちんと賠償金を受け取れるのか、不安
  • ○ 保険会社が弁護士を立ててきた

交通事故後、このようなお悩みをお持ちであれば、是非とも山口の弁護士までご相談ください。

1.保険会社との連絡について

交通事故の被害者の方は、事故後、加害者の保険会社とやり取りを重ねなければなりません。
同意書の提出や治療費の支払いについてのやり取り、後遺障害認定の手続き、示談交渉など、連絡しなければならないことが、たくさんあります。
このとき、被害者の方が、保険会社の対応に不満を感じることがあります。
例えば「保険会社から連絡がない」「連絡がとりにくい」「こちらから連絡してもつながらない」というものです。
そうして「本当に賠償金を受け取れるのか?」「誠実さが感じられない」と思い、不満を募らせてしまいます。
このようなとき、弁護士に対応を依頼していただけましたら、弁護士が間に入って確実に保険会社と連絡を取り、適切に話を進めます。

2.保険会社が提示する過失割合や慰謝料について

交通事故の被害者の方が保険会社の対応に不信感を抱く原因でもう1つ、非常に多い問題があります。
それは、保険会社が提示する過失割合や慰謝料です。
示談交渉を進めるなかで、保険会社は、被害者と加害者それぞれの過失割合を提示してきますが、被害者の方は「被害者側の過失割合が高すぎるのではないか?」と不審に感じることがあります。
また、慰謝料の提示を受けたとき「こんなに辛いのに、それだけなのか?」と疑問に思うことも多々あります。

実際に、保険会社の提示する過失割合や慰謝料は、妥当でないことがあるので、注意が必要です。
過失割合については被害者に多めに割り当てることがありますし、慰謝料については「任意保険基準」という低い基準で計算するので、全体的に金額が下がってしまうことがあります。

弁護士にご相談いただけましたら、交通事故のケースごとに適正な過失割合を適用します。
もし、保険会社による提示が不当な場合には、修正するよう交渉します。
慰謝料の計算についても、裁判基準を適用するため、任意保険基準よりも大幅にアップすることがあります。
弁護士にご相談いただくことで、被害者の方の慰謝料や過失割合についての不安や不満を解消することが可能となります。

3.治療費について

交通事故の被害者の方が保険会社とのやり取りを進めるとき、病院に支払う治療費について、トラブルになる事例が多くみられます。
交通事故後、しばらくは保険会社が病院に直接治療費を支払っていても、数ヶ月経つと、治療費が支払われなくなってしまうからです。

保険会社側から「むちうちだから〇ヶ月」「骨折だから、そろそろ治療は終わるはず」「症状固定してください」などと言われて、治療の終了を打診されるのです。

このようなとき、被害者は、必ずしも症状が良くなっておらず、医学的にみても、治療を継続すべきケースがあります。

それにもかかわらず、一方的に治療費を打ち切られることにより、やむなく治療を諦めて示談に応じてしまう被害者の方もおられます。

このようなとき、治療を途中で辞めるとさまざまな不利益が及ぶものです。慰謝料も安くなってしまいますし、治療が中途半端になって、辛い症状が残ってしまうことも大きな問題です。

弁護士にご相談いただけましたら、治療費を打ち切られたときの適切な対応方法をアドバイスいたします。きちんと医学的に「症状固定」するまで通院し、最終的に適正な金額の慰謝料や治療費を認めるよう交渉します。

4.相手が弁護士を立てた場合

交通事故後、相手の保険会社とのやり取りがうまくいっていないケースなどでは、保険会社が突然弁護士を立ててくるケースもあります。このようなときにも、被害者の方は非常にナイーブになり、大きな不安を抱えるものです。

  • ○ 弁護士がついたということは、訴訟になるということだろうか?
  • ○ 賠償金支払いを拒絶されるのだろうか?

などと心配になり、夜も眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

実際、保険会社が弁護士をつける理由はさまざまなのですが、スムーズに示談交渉を進めにくいケースや重大な交通事故のケースで弁護士に依頼することが多いです。

弁護士がついたからといって、必ずしも訴訟になるわけではありませんし、賠償金の支払いも受けることができますが、相手に弁護士がついているのに対し、被害者側が個人で対応していると、示談交渉で不利になることがあります。

被害者の権利を適正に実現するためには、被害者側も弁護士に依頼することをおすすめします。

5.弁護士が代理人となるメリット

交通事故トラブルを弁護士に依頼すると、弁護士が被害者の代わりに保険会社への対応をします。

すると、被害者は保険会社と直接やり取りをしなくて良くなるので、手間や労力も省けますし、精神的にも非常に楽になります。

保険会社の対応が気に入らないからといって、不快な思いをする必要もありませんし、不安や不満を感じることも少なくなります。

山口で交通事故に遭われた方には、当事務所の弁護士が丁寧にサポートいたしますので、保険会社の対応に不満があるなら、お気軽にご相談ください。


LINEでのお問い合わせ
カテゴリ一覧
カテゴリ一覧
カテゴリ一覧
カテゴリ一覧
会社案内
弁護士法人牛見総合法律事務所
山口県山口市中央5丁目2−34
TEL 083-921-6377
FAX 083-921-6378
対応エリア
山口県全域
山口市、宇部市、防府市、萩市
下松市、岩国市、光市、長門市
下関市、 柳井市、美祢市、周南市山陽小野田市、大島郡、玖珂郡
熊毛郡、阿武郡、その他 (出張相談・県外については応相談)
アクセス